FP岩崎の「知っトク通信」(FPへの相談内容 ベスト5)

気軽に読めて役に立つ情報をお届けします!

誰もが何かしらの「お金の悩み」を持っていると思います。
実際にファイナンシャルプランナーへはどんな相談をしているか?についてお伝えします。

FP協会が実施している「くらしとお金のFP相談室」(対面相談)の結果は、

30代 ・ライフプラン+収支シミュレーション
・教育資金
・住宅ローン
・保険加入
40代 ・リタイアメントプラン
・ライフプラン+収支シミュレーション
・教育資金
・保険見直し
50代 ・リタイアメントプラン
・金融資産運用
・保険見直し
・相続
60代 ・リタイアメントプラン
・金融資産運用
・相続・贈与

となっています。
私自身が受ける相談内容は、
1位.保険見直し
「今はいっている保険が自分に合っているか?」「どんな保険がいいかわからない」「どれくらいの保障が必要かわからない」「月々いくら位の保険料が妥当なの?」など

2位.家計の見直し
「毎月いくら貯蓄したらいいか?」「全く貯蓄ができないで困っています」「いまのままでは将来が不安」など

3位.教育資金の準備方法
「いくら準備しておけばいい?」「お得な準備方法を教えて欲しい」「子供が小学生です。いまから準備して間に合いますか?」「子供の教育資金準備と親の介護。不安でいっぱいです」など

4位.老後生活資金の準備方法
「住宅ローンの返済もあり、老後準備ができるか不安」「いくら準備する必要があるか知りたい」「老後準備のために投資を始めたほうがいいか?」など

5位.住宅購入の金額やローン金額
頭金なしのフルローンを考えていますが、ちょっと不安です」「定年すぎてもローンの支払いがあります。退職金で返済する予定ですが、その後の生活が不安です」「今の年収に対していくら借りれますか?」「夫婦でローンを組んだ方がいいか知りたい」など

お金の悩みや不安があるにも関わらず、FPへ相談したことがない方の中には「何を相談すればいいかわからない」という人もいらっしゃるのではないでしょうか?
まずは身近な「保険」について見直しをオススメしています。
生命保険を見直すことは、ライフプランを考えることに繋がりますし、必然的に家計の見直しにもつながります。家計の見直しが貯蓄可能な金額を導くことになります。

家計の見直しはここから始めましょう!