FP岩崎の「知っトク通信」(高額療養費制度 70歳未満)

気軽に読めて役に立つ情報をお届けします!

高額療養費制度とは、1月あたりの医療費が一定額を上回った場合、その超過分があとで払い戻される制度のことです。年収や年齢により自己負担額は異なります。年齢では、70歳未満と70歳以上で分かれています。

今回は、70歳未満の高額療養費制度についてお届けします。

平成27年1月の診療分から所得区分が細分化されました。現行は以下の5区分で運用されています。
負担能力に応じて負担額の上限も変わります。
70歳未満の方の「高額療養費の自己負担限度額」(月額)

 

所得区分 自己負担の上限額(月額) 多数回該当の場合
年収の目安 約1,160万円以上
健保:標準月額報酬83万円以上
国保:年間所得 901万円超
252,600円+(医療費-842,000円)×1% 140,100円
年収の目安 約770万円~約1,160万円
健保:標準月額報酬53万円~79万円
国保:年間所得 600万円超901万円以下
167,400円+(医療費-558,000円)×1% 93,000円
年収の目安 約370万円~約770万円
健保:標準月額報酬28万円~50万円
国保:年間所得 210万円超600万円以下
80,100円+(医療費-267,000円)×1% 44,400円
年収の目安 約370万円以下
健保:標準月額報酬26万円以下
国保:年間所得 210万円以下
57,600円 44,400円
市町村民税非課税者 35,400円 24,600円

・サラリーマン等の健保加入者の場合は、標準月額報酬で算定されます。
・国保加入者の場合は、年間所得で算定されます。
年間所得は、総所得金額等から住民税の基礎控除額33万円を控除した金額です。

※ 過去12か月以内に3回以上、上限額に達した場合は、4回目から「多数回」に該当し、上限額が下がります

70歳未満 年収 600万円の所得者の例
保険適用の医療費     100万円だった場合
自己負担割合(3割)    30万円(窓口で支払う医療費)
自己負担の限度額     87,430円(計算式:80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%)
高額療養費として払戻し  212,570円(300,000円-87,430円) 

70歳未満 年収 1,000万円の所得者の例
保険適用の医療費     100万円だった場合
自己負担割合(3割)    30万円(窓口で支払う医療費)
自己負担の限度額     171,820円(計算式:167,400円+(1,000,000円-558,000円)×1%)
高額療養費として払戻し 128,180(300,000円-171,820円) 

【高額医療費の対象とならない費用】
・入院時の食事代等の一部負担金・差額ベッド代
・先進医療にかかる技術料
・交通費や入院に必要な日用品、入院証明書発行手数料 など

【高額療養費を受けるには】
・病院窓口で自己負担分(3割など)を支払ったあと、加入している健保へ申請(請求)する方法
・事前に申請、交付を受けた「限度額適用認定書」を提示し、病院窓口での支払いを自己負担限度額までにする方法
があります。

お手続きの際には、ご自身が加入されている健保へご確認ください。