FP岩崎の「知っトク通信」(高額療養費制度 70歳以上の上限額変更)

気軽に読めて役に立つ情報をお届けします!

高額療養費制度 平成29年8月から70歳以上の方の上限額が変わります

高額療養費制度とは、1ヶ月あたりの医療費が一定額(自己負担限度額)を上回った場合に、その超過分があとで払戻される制度のことです。年収や年齢により自己負担額は異なりますが、手術や入院などで医療費が高額になったとしても、一定額の負担で医療サービスを受けることができます。しかし、少しずつ自己負担の限度額の見直しが図られています。
平成27年1月診療分からは、70歳未満の自己負担限度額の見直しがあり、所得区分が3つから5つに増え、そのうちの3つの区分で限度額が上がっています
そして、今回、平成29年8月からは、70歳以上の自己負担限度額の上限額が改正されます。
平成30年8月診療以降、自己負担の限度額(現役並所得者・一般)は再度改正されます。
70歳以上の方の「高額療養費の自己負担限度額」(月額)

平成29年7月診療まで

所得区分 自己負担割合 通院(個人) 通院+入院(世帯単位)
現役並所得者 3割 44,400円 80,100+(医療費ー267,000円)×1%
(多数回 44,400円)※
一般 1割 12,000円 44,400円
世帯全員が市町村民税非課税者 1割 8,000円 24,600円
年金収入のみの方の場合、年金受給額80万円以下など総所得金額が0円となる方 1割 8,000円 15,000円

 

平成29年8月診療以降

所得区分 自己負担割合 通院(個人) 通院+入院(世帯単位)
現役並所得者 3割 57,600円 80,100+(医療費ー267,000円)×1%
(多数回 44,400円)※
一般 1割 14,000円
年間上限額
144,000円
57,600円
(多数回 44,400円)※
世帯全員が市町村民税非課税者 1割 8,000円 24,600円
年金収入のみの方の場合、年金受給額80万円以下など総所得金額が0円となる方 1割 8,000円 15,000円

※ 過去12か月以内に3回以上、上限額に達した場合は、4回目から「多数回」に該当し、上限額が下がります