FP岩崎の「知っトク通信」(退職後の税金)

気軽に読めて役立つ情報をお届けします。

今回は、時節柄、「退職にかかる税金」について。計算式は以下の通りです。

課税退職所得金額 = (退職金の金額-退職所得控除)×1/2

退職所得控除

勤続年数20年以下・・・40万円×勤続年数

勤続年数20年超・・・・・800万円+(70万円×(勤続年数-20年))

例:勤続30年 退職金2,000万円の場合

800万円+(70万円×(30年-20年))=1,500万円

2,000万円-1,500万円×1/2=250万円 ← ここに税金がかかります。
課税退職所得金額である 250万円に所得税の税率(下記表参照)を掛けて、控除額を差し引いた残りの金額が所得税額となります。

この例の場合、250万円×10%-97,500円=152,500円 が所得税の金額です。

退職所得に関して、所得税とは別に「特別徴収」されるのが、「市町村民税・道府県民税」です。

退職所得金額【退職金の金額-退職所得控除)×1/2】×市町村民税6%

退職所得金額【退職金の金額-退職所得控除)×1/2】×道府県民税4%

上の例ですと、250万円×10%=25万円が 「特別徴収」されます。