FP岩崎の「知っトク通信」(個人型確定拠出年金 iDeco の活用)

気軽に読めて役に立つ情報をお届けします!
今回は「節税しながら運用」~iDeCoの活用~

「iDeCo」(イデコ)っていう言葉をご存知でしょうか?

実はこれ、個人型確定拠出年金(日本版401K)の愛称のことなんです。そして2017年1月から「iDeCo」の加入対象が、公務員や専業主(夫)にも広がりました。

「iDeCo」の特徴は

① 現役時代に毎月積立てて、60歳以降に受取ことができる年金

② 資金の運用は自分で選択(運用成果により受取る金額が異なる)

③ 受取方法は「一括受取」と「年金受取」がある

④ 税制メリットがある

⑤ 原則60歳まで引出し不可

税制のメリットは

① 自分が拠出(投資)した分が全額所得控除

② 運用期間中の利益には税金がかからない。

③  受取時に「一時金受取」を選択した場合に「退職金税制」が適用される

「iDeCo」に加入できる金額(掛金)は、

● 自営業者(第1号被保険者)・・・・・・・・・・月額68,000円
(国民年金基金や国民年金の付加保険料の合算枠)
● 公務員(第2号被保険者)・・・・・・・・・ 月額12,000円
● 会社員、会社役員等(第2号被保険者)
・企業型年金や確定給付型年金がない場合・・・  月額23,000円
・企業型年金のみある場合・・・・・・ ・・・・ 月額20,000円
・確定給付型年金がある場合・・・・・・・・・  月額12,000円
● 専業主婦(夫)(第3号被保険者)・・・・・ 月額23,000円

いくらの減税になるか?


「iDeCo」の毎月の掛金      2万円
給与所得          700万円
給与所得控除後の金額    510万円(A)
所得控除の額の合計     130万円(B)
課税所得金額(A-B)   380万円

所得税速算表より所得税の税率は、
課税所得金額 330万円を超え695万円以下の場合  20%
年間の減税額は
・所得税 20,000円×12ヶ月×20%=48,000円
・住民税 20,000円×12ヶ月×10%=24,000円
合計72,000円を軽減することができます。

ただし、拠出したお金は原則60歳まで引き出すことはできません。
この点に留意して老後資金の準備として、「iDeCo」で運用するのもいいでしょう。