FP岩崎の「知っトク通信」(フラット35 団信リニューアル)

気軽に読めて役に立つ情報をお届けします!

住宅ローン返済中に万一のことがあった場合に、ローンの残債が保険金で支払われる保険が、「団体信用生命保険(以下、団信)」です。

銀行ローンは、団信の加入がローンの利用条件になっていますが、フラット35の場合、団信加入は任意です。

このフラット35において、平成29年10月1日申込受付分から団信制度がリニューアルされました。

改正点は
・【フラット35】は団信付きの住宅ローンになりました
つまり、保険料の別払いが不要になり、月々の返済額に含まれるようになった(銀行団信と同じ)
一方、健康上の問題で、団信に加入できなくても、フラット35は利用可能

・保障内容の変更
①「死亡保障+高度障害保障」→「死亡保障+身体障害保障」
身体障碍者手帳の交付を受けたときに、保険金によって債務返済が不要になります。

②3大疾病機構団信には、「介護保障」が付帯されました
・公的介護保険制度の要介護2以上に該当
・保障開始以降の障害または疾病を原因として所定の介護状態に該当し、該当した日から180日以上要介護状態が継続したと医師によって診断確定された時
のいずれかに該当した場合に、以後の返済が不要になります。

民間の収入保障保険にかなり近づいた保障内容といえます。

フラット35が、団信付きの住宅ローンになって、保障内容も充実したことは思い切った施策として評価できると思います。

フラット35の場合、今までは、民間生命保険を団信代わりに利用しようかと検討する人もいたようですが、団信付きの住宅ローンにリニューアルしたため、団信を利用するのが合理的なプランと言えるでしょう。