「マネジメント通信」管理職の役割

今回は「リーダー」と「マネージャー」の違いについて。この名称は、会社組織においてはともに役職名の1つとして付せられることが多いです。ビジネスの世界ではリーダーとマネージャーの役職は中心者としての意味合いも濃く、グループ制を採用している企業で一般のスタッフの上に立つ役職で捉えられることもあります。その役目はほとんど同じであり、名前の持つニュアンスだけが違うという場合もあります。

しかし、両者の役割は明確に異なります。「リーダー」「マネージャー」の役割と理想像を探ります。

■組織で自ら先頭に立って進むべき道筋を指し示す存在のリーダー

組織には人々をまとめる存在が必要となり、特に結果を出す組織には優れたリーダーが存在するのも事実です。
リーダーは人々の先頭を行くべき存在で、後に続くべき人々がその姿を見て発奮し、組織の持つ目的を達することができるようになります。
リーダーと呼ばれる方は古今東西に存在しており、それが存在したことで組織が結果を出せたり、人々を魅了したりすることも多いです。
歴史上の偉人はリーダー型が多く、例えば織田信長・徳川家康・坂本竜馬などは、まさにその典型的な人物であったのはいうまでもありません。
どちらかといえば、人々の感情に訴えかけることができる存在で人々の行き先を指し示し、それによって人々をまとめていきます。「リーダーは地図を見せる」とも言います。

■マネージャーはメンバー管理をする能力を前面に出した存在

組織においてはマネージャーが存在するケースがありますが、それは主に構成員1人ひとりのメンバー能力を把握し、最高の能力を発揮できるように導く存在です。よく「一流のマネージャーはチェスをする」と表現します。
1人ひとりの能力を発揮するように裏方で作業を行っていく人のことをマネージャーと呼ばれることも多く、またまとめる力も必要とされることも多いです。
高校野球などのスポーツでもマネージャーといえば裏方に徹しているように、結果を出す組織には必要不可欠な存在になります。

■リーダーとマネージャーにおける役目の違いが存在するのか?

リーダーとマネージャーは、会社組織においてはともに役職名の1つとして付せられることが多いです。
ビジネスの世界ではリーダーとマネージャーの役職は中心者としての意味合いも濃く、グループ制を採用している企業で一般のスタッフの上に立つ役職で捉えられることもあります。
ビジネスの世界ではその役目はほとんど同じであり、名前の持つニュアンスだけが違うということができます。
例えば想定している目的を達するため、スタッフの陰の支えになるべき存在になるのは一緒で、作業の進め方や方向性を示すなども同じ仕事を行うことになります。
従って会社組織において、リーダー・マネージャーの役職自体には違いがほとんど存在しないと考えた方が良いかもしれません。

■リーダーとマネージャーの理想像とは?

ビジネスに求められるリーダーとマネージャーの理想像は、ほとんど同じなのが実態かもしれません。
ただ人々が求めるリーダーの理想像は、人に希望を与えられたり、苦労や困難が起きたりした時にそれを乗り越えられる精神的な支柱になるべき存在とすることが多いです。
一方でマネージャーの理想像は、マネジメント能力に長けていることが求められ、人に対しての管理能力を徹底することにあります。
もちろんリーダーにおいても人に対しての管理能力を求められることが必要不可欠で、それがカリスマを生み出すことにもつながります。
マネージャーにおいても人に対しての管理能力を徹底する中で、人に対する希望を与えたり、困難や苦労が起きたりした時にそれを乗り越えるヒントを与えるべき存在になることを求められることもあります。
よくリーダーやマネージャーになるには才能を必要とする意見も多いですが、それだけでなく教育を受けることや本などを読んだり、また歴史上の人物などからも学習したりすることで、それぞれの理想とすべきリーダーやマネージャーが生まれることが多いです。